PR|ブランディング確立の成功事例|

現職10年目になります。事業内容はアウトソーシング事業です。
顧客先に派遣されているメンバーの管理や、お客様へ提供しているサービスの品質向上、そしてそれらを収益向上につなげることが私のミッションです。
職責はマネジャーです。部下は120名ほどおり、全国の様々なお客様先へ出向しています。

最近では海外拠点を活用したビジネスモデルも増えてきており、10年前は派遣型のビジネスが主流でしたが、現在は委託、及び請負型のビジネスに変わってきています。

前職は、試作品の技術営業を3年ほどしていました。
製品の製造工程に対する知見や、図面、2D、3Dデータの役割などを知っていたことが、製造業を顧客とするビジネスモデルに合致しました。

当初はエンジニア志望で入社しましたが、1年間のエンジニア経験を経て現在は担当するメンバーとお客様のマネジメントに従事しております。

営業も管理も自分の提案したプロジェクトによって、お客様満足が向上し、受注量やボリュームが拡大、結果収支も拡大し、かかわったメンバーのモチベーションや、マインドが向上、結果成果に結びつく。この流れに仕事のやりがいを感じます。

法人営業は個人の関わりを強化するのみだけでは商談が成立できないため、幅の広い複雑さを学ぶことができます。それは多様性に触れる機会であり、同時に総合力が必要だと教えられました。

商談成立の判断を下す人が複数存在していることが多く、個人的な感情よりも多数決の結論が答えを導きます。そのため、商談してもらうため複数の方法のアプローチが求められます。

個人営業以上に総合的なサービスのよさや特色をきちんと伝えることが求められるため、個人の好き嫌いや信頼関係が重視されにくい対面は法人営業のメリットだと体験して感じられました。

さらに法人営業は効率化できれば高い年収につなげやすい利点があります。
法人は団体であるため、取引の金額が高くなる場合が多く、1000万円以上のことも多く考えられます。私の場合も数千万円台の法人営業を経験できました。

多くの法人営業の経験を通して、別の仕事に移ってからも、総合的な力の必要性を上手に伝えることの重要性をこれまで以上に理解できるようになりました。

PR|工務店向け集客ノウハウSEOアクセスアップ相互リンク集内職 アルバイトお家の見直ししま専科生命保険の選び方健康マニアによる無病ライフ住宅リフォーム総合情報お小遣いNET英語上達の秘訣ゴミ屋敷解消Q&A|マーケティング経営研究.net|女性のための薄毛治療研究会|AGAでお悩み解決|