問い合わせをいただいた電話で、サービスを提案する営業をしていた時の体験談です。
それまでは事務の仕事しかしたことがなく、営業というものには全くの素人でした。
最初は、電話でお客様と話すことですら緊張して、全く売れず悩みました。
そこで、営業に関する本を読んでアレンジして試してみたり、販売成績の良い先輩のトークを真似して自分なりに取り入れてみたり、といったことを繰り返しているうちに少しずつ結果が出てきました。
ある日、同僚が担当したお客様がご立腹されたことがあり、代わりに話をすることになりました。
最初は、訳も分からず話を聞くだけで大変でしたが、徐々に雰囲気が良くなり、購入していただくことができました。
しかも、その後も何かあるたびに私に問い合わせてくださり、新しいサービスを提案すると購入してくださるのです。
もちろんただのお問い合わせで終わることもあるのですが、前回の話の内容などをメモして覚えておくことで次回の話がスムーズにいき、お客様との会話も弾み、別の方を紹介してくださるまでになりました。
今はもう営業はしていませんが、とても良い経験になりました。