会社経営をしている、もしくは興味のある方で“マーケティング”という言葉を聞いたことのない方はいないでしょう。しかし、「なぜマーケティングが重要なのですか?」と聞かれて即答できる方は多くありません。そしてこの質問に答えられない方で経営がうまくいっている方はいないでしょう。その答えとは、マーケティングが「成果を生み出すのに特化した」学問だからです。会社経営というのは売上を確保して利益を出し、会社を存続させていくのが大前提であり、その延長として成長を視野に入れます。その、ビジネスで必要不可欠な「成果」を出すことに焦点を置いたマーケティングが重要とされるのは当然です。以下で、マーケティングで成果を出すにあたっての基本的な流れを説明します。これを使って経営戦略を立てれば、最短距離で数字の出せる会社へと成長させることも可能でしょう。

〜マーケティングによる経営戦略の流れ〜
1、環境分析  外部環境(マクロ環境、顧客、競合)と内部環境(自社の強み、弱み)の分析をする。  分析から、売上やサービスに関する仮説を導き出す。

2、マーケティング課題の特定    環境分析で導き出さした仮説を元に、成果に直結する課題を選定する。

3、セグメンテーション、ターゲティング  課題を解決するにあたって、もっとも効果的にサービスや商品を消費してもらえる層はどこかを考える。

4、ポジショニング  選定した消費者層に、自社が競合より相対的に魅力があると思わせたい。そのために、何をウリにして商品やサービスを売っていくかを考える。

5、マーケティング・ミックス  ポジショニングを元に、製品戦略、価格戦略、流通戦略をたてる。

6、実行計画の策定  誰が、何を、いつ、どこで、どのように、を軸に戦略の実行計画をたてる。

7、実行  計画を実行し、PDCAを回していく。

このようにマーケティング での戦略策定は、手順を書き出してみるとシンプルな作業に見えます。しかし、それぞれのフェイズに具体的な手法が複数あり、勉強すればするほど奥の深いものだということに気付かされます。繰り返しになりますが、マーケティング は「成果を出すことに特化した」学問です。初めから完璧を目指さなくても、この戦略策定の流れを部分的にでも取り入れて少しでも経営が改善されれば、自ずとマーケティング を学ぶモチベーションが湧いてくるでしょう。何事も、大切なのは一歩踏み出すこと、そして継続することです。この記事が経営のヒントになれば幸いです。